髪が傷まない白髪染め【傷んだ髪をしっかり補修】

髪が傷まない白髪染めを選ぶコツ

白髪染めで髪が痛むのはキューティクルが開くから!?
髪が傷まない白髪染め

市販のヘアカラーや白髪染めを使ったことがある人は分かると思うのですが、髪が傷んだり、頭皮がヒリヒリしますよね。 これは、髪のキューティクルを開き、そこに染料を入れるために、薬剤が強アルカリ性となっているからです。 そしてキューティクルが開いた髪の毛はパサパサ・ボロボロになってしまいます
人の肌は弱酸性なので、強アルカリ性の薬剤は肌や髪を傷めます。 染めるときに、ビニール手袋や保護クリームが必要なのはそのためです。

髪を傷めないためには、キューティクルを開かない白髪染めを使うのが良いのです。 ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアと呼ばれるものですね。
これらの多くはシャンプーの前後に使います。 素手で使えるくらい優しくできているので、髪や頭皮を傷めません。 ツヤツヤした女性らしいキレイな髪に染め上がります。

人気のヘアカラートリートメントは、利尻ヘアカラートリートメント、くろめヘアカラートリートメント、ルプルプ、レフィーネなど。 どれも髪を傷めないのですが、この中でも特に髪に優しいのは、くろめヘアカラートリートメントです。 旭化成ケミカルズと共同開発したぺリセア(ジラウロイルグルタミン酸Na)が、髪を補修しながら染めるので、他のものよりも安全性が高いのが特徴です。